自由を守る会メンバーブログ

自由を守る会のメンバーブログです。 自由を守る会の議員、民間人で色々な情報発信を行っていきます!

リベラル保守の会 マニフェスト構築に向けてのお願い

今日の小金井市議会は資源循環特別委員会。私は委員ではないので、今日は事務作業にします。

来年3月は小金井市議選。
考えてみると、非自民系の市長という状況で小金井市議選が執行されるのは、昭和54年4月12日の統一地方選(市長選・市議選同日投票)以来・・・です。

このときは、社会党・共産党が推す現職市長が、自民党の新人に負けて政権交代になりました。⇒この自民党市長は、二年後に有名な「北海道女性同伴出張事件」を引き起こし、連日全国レベルで報道が続きました。不信任決議を可決した議会は、市長によって解散されました。以来、小金井市議選は統一地方選から2年ずれることになり今日に至っています。

昭和54年4月といえば、私は小金井第一中学校の1年生。剣道部に入って生まれて初めて竹刀を握った頃でした。

ともあれ、非自民系の西岡市長という状況下での市議選になりますので、各立候補予定者、どういうスタンスで臨むか熟慮がいるだろうと思います。

私ども「リベラル保守の会」は、協力すべき点は大いに協力し、市民の利益にならないことには厳しくものを言っていく・・・というスタンスで臨んでおります。

これから百瀬議員とも協議の上、「リベラル保守の会」としてのマニフェストをしっかり構築しようと思います。

マニフェスト構築にあたっては、市民の皆様の声をしっかり聴く作業が欠かせません。

小金井市政政策に関してのご意見ご要望ご提案は、いつでも、下記までお送りください。マニフェスト構築にあたって貴重な資料とさせていただきます。

渡辺大三小金井市議会議員のメールアドレスはこちらです。
watanabedaizou@gmail.com

「リベラル保守の会」は、小金井市の地域政党です。国政政党に所属していない2名の市議がおり、市議会での会派名も「リベラル保守の会」です(※小金井市議会の議員定数は24)。顧問は東京都議会議員の上田令子さんにお願いしております。


渡辺大三 プロフィール

小金井市議会議員6期無敗
地域では、小金井市商工会参与、小金井市商工会総代、貫井北町商工振興会事務局長、中町親愛会(自治会)相談役、中央大学学員会(同窓会)小金井支部幹事、東京都立小金井北高等学校同窓会幹事長などを務める。政治関係では、国政政党には所属せず、小金井の地域政党「リベラル保守の会」事務局長、東京の地域政党「自由を守る会(代表=上田令子都議会議員)」事務局長、市政監視団体「情報公開こがねい」共同代表を兼務。

Twitter @watanabedaizou
Facebook 渡辺大三
渡辺大三 のほかの記事を読む 

映画『オデッセイ』を観ました

何かの映画を観た時にCMで流れていた映画が、この『オデッセイ』 。

オデッセイ(字幕版)
マット・デイモン
2016-04-22







"火星にひとり取り残された宇宙飛行士のサバイバルを緻密な科学描写とともに描いた、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」を映画化。極限状態の中でも人間性を失わず、地球帰還への希望をもって生き続ける主人公マーク・ワトニーをマット・デイモンが演じ、「エイリアン」「ブレードランナー」などSF映画の傑作を残してきた巨匠リドリー・スコットがメガホンをとった。火星での有人探査の最中、嵐に巻き込まれてしまったワトニー。仲間たちは緊急事態を脱するため、死亡したと推測されるワトニーを置いて探査船を発進させ、火星を去ってしまう。しかし、奇跡的に死を免れていたワトニーは、酸素は少なく、水も通信手段もなく、食料は31日分という絶望的環境で、4年後に次の探査船が火星にやってくるまで生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていく。"


と自分で書くのが、ちょっと面倒だったので、コピペしちゃいました。
なぜ、この映画が気になっていたかというと、漫画『宇宙兄弟』のファンだったからというもの。どんなものか気になっていたので映画館で観たいなぁと思いつつ、気付いたころには上映が終わっていて案の定のレンタルで昨夜、観ることになってしまいました。

何も考えずに観るには良い映画かなと思って観てましたが、最後にワトニーが訓練学校の講師を務め、未来の宇宙飛行士たちに語ったメッセージに共感を持ちました。生きるか死ぬかの状況になった時には、問題点を考えて計算して、対処して潰していく、そしてまた次の問題を潰す。そうすれば生き延びていける。といった感じのメッセージでした。

ふむ、ナルホド。 最後の最後にこの部分はメッセージ性のある映画であった。


秦智紀(はたとものり) プロフィール

サラリーマン/ファイナンスMBA取得
早稲田大学大学院ファイナンス研究科在学中、当時無所属の江戸川区議会議員だった上田令子さんと出逢い、様々な社会勉強を経験する機会を与えていただきながら共に地域活動などをしておりました。現在、株式会社Mマートという業務用食材卸売市場をインターネット上で運営する企業に勤めながら、上田令子東京都議会議員のもとで、江戸川区、東京、日本の世直しを引き続きお手伝いしております!営業成績優秀者に贈られる「社長賞」を6回受賞。

Twitter @hatatomonori
Facebook 秦智紀
公式ブログ「はたとものりのブログ
秦智紀(はたとものりのほかの記事を読む 

誕生日会兼区政報告会をしました

もうだいぶ前のことになるんだなーと、なかなかブログが更新できてなかったことを
しみじみ感じた三次です。


5月1日の誕生日に
自分の誕生日会も兼ねて
初の区政報告会をしました。

70名超える方にお越しいただきまして、
本当感謝感謝です。

1
 
はじめてのことだと要領がなかなかわからず、
選挙であったことや、はじめての質問について、
なんでもかんでもはじめてのことばかりで自分がどうして、どのように学んだかなど
お話しました。

2
 
結構お子さんも来てもいいようにと思ってましたが、
意外と今回少なかったです。。。

来ていただけた方、女性はほぼほぼ子育て中のお母さん達。

赤ちゃんくらいが少人数で、小学校入ってるとなかなかこういったところには
行きたくないってなるんでしょうね(⌒-⌒; )
うちの娘もそうです・・・。

3
 
活動的なママさん達。

せっかくなので、皆さんのご紹介もしたいと思い、
交流できるようにしました。

パワフルな人たちが繋がって、
孤独な育児してる人たちを引っ張っていけるようにしていきたいです。

4

5

6

7

いつも皆さんに支えられていて
本当にありがたいことです。

12月に次回の区政報告会を予定していましたが、
出産と重なってしまいそうなので、
5月のまた同じ時期に一年を通しての報告会をしようと思います。
来年度はもう少し刻んで回数も増やしていこうと計画中です。

今後ともよろしくお願いします^^


☆゜・*:.。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜:.。. .。

三次(みつぎ)ゆりか プロフィール
江東区議会議員
江東区立東雲小学校、深川第五中学校、都立紅葉川高校卒。視覚障がい者だった祖母と父親の元で育つ。23歳で出産、いったん仕事を中断するもシングルマザーとなり起業。預け先に困った経験から自分のように困ってる母親も少なくないのでは・・・と、公私に渡る、子育て・母親支援のイベント企画、事業支援を展開。2014年『J★mothers』開始。

Twitter @MitsugiYurika
Facebook 三次由梨香
公式ブログ「三次ゆりかのブログ
三次(みつぎ)ゆりか のほかの記事を読む 

嚥下食を初体験

ついに妊娠8ヶ月突入しました。
背中が痛くて本人はストレッチだと思ってますが、変な動きをしてる三次です。

だいぶお腹も大きくなり、ガニ股も気にしなくなりました。

先日、朝一で昭和大学江東豊洲病院の小児科医であり、
ご一緒させていただいてる、
NPO法人KOTOCLOでの理事長でもある
水野先生と孤独な育児や思いもよらない妊娠をしてしまった時のためや、
育児不安の解消のためにむけた取り組みについて意見交換をしてきました。

昼間は子育て世代のこれからのこと。
夜は介護世代のこれからのこと。
とてもこの二つって、似てる気がするんですよね。

赤ちゃんが集まれて
高齢者が集まれるカフェ
つくりたいなぁ。

水野先生は産前産後ケア・育児支援、包括型でカフェ・バーカウンターをやり、
そこで相談できる仕組み作りを前々から考えていらっしゃいます。

1
 
▽▽▽▽
そして夕方からは
医介塾、中央3区に参加して、介護スナック中央区開催にむけての会に参加してきました。

2
 
はじめてとろみあり烏龍茶を飲んだり、

3

嚥下食をひととおり試食しました。
烏龍茶は、トロミをいれてもらいましたが、とてもではないですが、美味しくなかったです。

4
 
かぼちゃのスープ、こちら普通のかぼちゃのスープの感じで美味しかったです。

5
 
小松菜、にんじん、パプリカをミキサーかけてトロミゼリーで一口にしたバーニャカウダ。
これは病院食のような感覚であまり口の中で噛まずに飲み込んでるせいか、のどで分散していくような感覚でした。
ちゃんと噛めばいいんだと、後から気付きましたが、でも高齢者目線からすると噛むことも困難なんだなーと感じました。

6
 
アボカドのこれは嚥下食というよりよくお店ででてくるような一品でした。

7
 
こちらはリゾットのかたまってる感じで麦も使ってると聞きました。
チーズも美味しくパクパクおかわりして食べられました。

8
こちら豆腐のティラミス。
3皿食べました。

はじめて嚥下食ということで食べたり飲んだりしましたが、
とてもいい経験で、現場の働いてる人の意見も聞きながら現地で食べられたのは勉強になりました。

9
ミキサーゲルというのを水分の中にいれると、飲み込みやすくなるトロミをつけることができるようです。

10
いろんな嚥下食もあり、ケーキとかもあるようです。


食べてみてなんとなく離乳食みたいなような気がしました。
離乳食よりはしっかり味がついてる感じですが。
最近あまり夜、外出できませんでしたが、歩いて行ける距離ということもあり、
体調がよく参加できて本当よかったです。


現場でのルーレット体験もできました。

11
最近麻雀も流行ってるみたいですね☆
脳トレにどちらも良いようです。
(もちろんお金はかけません)
医療、介護関係者の皆さま、いつもありがとうございますm(_ _)m


▽▽▽▽
医介塾でも三鷹で始まっている介護スナックの話で本日参加し、
朝は子育てバーカウンター。

介護関係者の話を聞いてても元気な高齢者が集まれるイベントはありませんか??
みんなどこかに行きたいみたいです。
と、イベントや高齢者が集まるところの情報がほしいようでした。

子育て世代の人と元気な高齢者世代。
同じ感覚を持つ世代なんだなーと思いました。

今後もどちらの意見も聞き、過ごしやすいまちづくりをしていけるように
働きかけていきます。


☆゜・*:.。.:*・゜☆゜・*:.。. .。.:*・゜☆゜:.。. .。

三次(みつぎ)ゆりか プロフィール
江東区議会議員
江東区立東雲小学校、深川第五中学校、都立紅葉川高校卒。視覚障がい者だった祖母と父親の元で育つ。23歳で出産、いったん仕事を中断するもシングルマザーとなり起業。預け先に困った経験から自分のように困ってる母親も少なくないのでは・・・と、公私に渡る、子育て・母親支援のイベント企画、事業支援を展開。2014年『J★mothers』開始。

Twitter @MitsugiYurika
Facebook 三次由梨香
公式ブログ「三次ゆりかのブログ
三次(みつぎ)ゆりか のほかの記事を読む 

西岡市長に提案書を送付しました。

本日、西岡市長に提案書を送付しました。
市庁舎や福祉会館の建設についての提案です。
以下が全文です。

【西岡市長への提案書】

6施設複合化プロジェクトチームが最終報告書を市長に提出したことを踏まえ、以下の諸点について提案いたします。すみやかに実行に移されるようお願いいたします。

議会の側から見ていると、西岡市長が何をいつまでにどうしたいのか、がまったく分かりません。市長自身の言葉で明確に方針を語る必要があると思われます。

(1)第三回定例議会(9月議会)終了後ただちに、「市長就任以降、最終報告書が出るまでの経過」「6施設複合化公約が4施設2機能複合化に変わった理由」及び「今後の見通しや進め方」について市民説明会(あるいは語る会)を開催すること。なお、説明会は、参加市民の利便を考慮し、曜日や時間帯や場所を変えて、少なくとも3回以上開催すること。

⇒市長の選挙公約は「対話」重視だったと思います。「何も決まっていないから説明できない」ではなく、「なぜ何も決まらないのか」を市民に説明する義務が市長にはあります。

(2)蛇の目ミシン工場跡地への市庁舎及び福祉会館建設を推進すべく、高度な専門的な知見を有する民間に計画立案業務を発注すること。現在開会中の第三回定例議会(9月議会)に、そのための追加補正予算を提出すること。

⇒市長が設置した関係課長職者による「6施設複合化プロジェクトチーム」は、高度な専門的な知見を有する者の力を借りなければ、これ以上の検討はできないとしています。これ以上、市庁舎や福祉会館の建設を遅らせないため、高度な専門的な知見を有する者への業務委託が急務です。

(3)間もなく始まる来年度予算の編成にあたっては、当初予算に庁舎建設基金の積み立て(少なくとも本年度と同額の3億円以上)を明記すること。

⇒「余ったら基金を積む」のではなく「必要額を計画的に基金に積む」姿勢が必要です。このたび補正予算で3億円積んだ姿勢を評価しつつ、さらに踏み込んだ対応を求めるものです。

(4)庁舎建設予定地(蛇の目ミシン工場跡地)に存在する諸施設の移転計画の確定を前倒しすること。リサイクル事業所は当該移転計画から切り離し、すみやかに移転させること。

⇒リサイクル事業所の「中古家具・中古自転車等販売」業務は、いわゆる清掃関連業務ではないので、移転先も確定しやすいはずです。リサイクル事業所が移転すれば、暫定的にペットボトル処理施設をリサイクル事業所跡地に仮移転させ、市庁舎及び福祉会館の建設に支障がないよう用地を確保することができます。

(5)現行の庁舎建設基本計画は、床面積約12000㎡を想定していますが、現在の本庁舎と第二庁舎の床面積の合計は約8700㎡であり、コストダウンを図る意味でも、計画床面積を大幅に縮減する必要があります。いま急がれているのは、耐震強度不足の本庁舎問題、高額賃料を垂れ流している第二庁舎問題の解決であり、であるならば、当面どうしても必要な床面積は8700㎡と考えることもできます。自分で判断がつかないので市民検討委員会に丸投げする・・・では無責任です。床面積縮減に関する市長見解を一刻も早く打ち出すべきです。

⇒市長は「財政問題と切り離して6施設は建設できる」と選挙公約していましたが、小金井市の財政状態は相変わらず厳しく、まとめてすべてを建設する余裕があるとは思えません。資金が乏しければ、コストダウンを検討するのが当然ではないでしょうか。


渡辺大三 プロフィール

小金井市議会議員6期無敗
地域では、小金井市商工会参与、小金井市商工会総代、貫井北町商工振興会事務局長、中町親愛会(自治会)相談役、中央大学学員会(同窓会)小金井支部幹事、東京都立小金井北高等学校同窓会幹事長などを務める。政治関係では、国政政党には所属せず、小金井の地域政党「リベラル保守の会」事務局長、東京の地域政党「自由を守る会(代表=上田令子都議会議員)」事務局長、市政監視団体「情報公開こがねい」共同代表を兼務。

Twitter @watanabedaizou
Facebook 渡辺大三
渡辺大三 のほかの記事を読む 

無所属無党派の改革政策集団・地域政党「自由を守る会(代表:上田令子東京都議会議員)」の公式アカウントです。 私たちはあなたの自由を守る地域政党です。自由・自主・自律の精神のもと、無所属無党派の改革政策集団として、地域に根差した政治の足場を組み直し、地域のことは地域が決める政治を目指します!