自由を守る会メンバーブログ

自由を守る会のメンバーブログです。 自由を守る会の議員、民間人で色々な情報発信を行っていきます!

ドナルド・トランプ大統領誕生でアメリカ経済どうなるの?~そして、日本経済への影響は?~(3)

皆様お世話になっております。秦智紀(はたとものり)です。

トランプ大統領誕生でアメリカ経済はどうなるのか?ということでブログをシリーズ化して書いてますが、少し人事で動きがあったようでドナルド・トランプ次期大統領の政権移行チームは7日、中小企業局長に米プロレス団体「ワールド・レスリング・エンターテインメント(WWE)」の前最高経営責任者(CEO)を務めた女性のリンダ・マクマホン氏を指名すると発表しました。
トランプ氏、中小企業局長にプロレスWWEの女性創設者起用

前回の「ブログ」で経済政策には、「成長政策」「安定化政策」「再分配政策」という3本柱があると書きました。ある国の経済政策を見る時にどのような視点で見るかは重要ですが、まずはこの3本柱のバランス感覚はどうなっているのかを見てもらうことが大切です。その上で新しい政治指導者が、どのような経済政策を打って出るのかを見れば、この3本のうちどれにより注力するのかがわかります。その中でも今回のニュースは、特に「成長政策」に関わる問題です。

トランプ次期大統領が、リンダ・マクマホン氏を中小企業局長に指名した本質的な理由は、WWEを13人から800人の従業員を抱え、上場にまで成長させた手腕をトランプ政権で発揮して欲しいということでしょう。

通常のビジネスや経済の知識がある人間ならば、国内の雇用創出源である中小企業支援を考える時、国や行政にお願いしたいことは、規制緩和の促進です。トランプ次期大統領もそのように表明され、適任者と思われる人材をポストに据え置いたということを考えるならば、アメリカ国内における経済政策の基礎は「成長政策」にあると考えているのではないでしょうか。

長時間労働ストップ 連合大阪、切実相談に助言

皆様お世話になっております。秦智紀(はたとものり)です。

タイトルの記事はこちらです。
長時間労働ストップ 連合大阪、切実相談に助言

長時間労働や過重労働の是正は条件付きで賛同します。東京都においても小池百合子都知事が就任してから、20時には退庁するようにという指針も出るようになりました。実態としては20時以降も仕事をされている都庁職員もいるようですが。知人(一度だけ食事をしただけ(笑))のNPO法人ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんを中心にイクボス宣言を企業や省庁、自治体にも働きかけをされているようです。先日も小池百合子都知事がイクボス宣言されてましたね。

しかし、その前に正規社員の長期労働や過重労働、非正規社員の増加の原因は、同一価値労働同一賃金といった公正な労働環境の整備が不徹底であったり、固定化されていることが主な原因ではないかと考えられます。労働市場は流動化することは時代の流れからすれば仕方のないことですが、労働組合の役割は就業支援などのセーフティーネットとしての受け皿ではないでしょうか。労働組合も時代にあったものになる必要性があると考えます。

最後に経済学者・八代尚宏先生が1997年に発行された『日本的雇用慣行の経済学――労働市場の流動化と日本経済』 にもあるように八代先生は著書の中で"日本的雇用慣行とは、一般に長期的な雇用や年功序列・賃金体系、および企業内組合などの雇用・賃金形態"と記載されておりますが、見直しが必要ではないかと主張されております。バブル崩壊直後から日本の労働問題への解決策を提言され、今ようやく動き出そうとしていますが、この20年間で失われたものは大きかったように思います。




秦智紀(はたとものり) プロフィール

サラリーマン/ファイナンスMBA取得
早稲田大学大学院ファイナンス研究科在学中、当時無所属の江戸川区議会議員だった上田令子さんと出逢い、様々な社会勉強を経験する機会を与えていただきながら共に地域活動などをしておりました。現在、株式会社Mマートという業務用食材卸売市場をインターネット上で運営する企業に勤めながら、上田令子東京都議会議員のもとで、江戸川区、東京、日本の世直しを引き続きお手伝いしております!営業成績優秀者に贈られる「社長賞」を6回受賞。

Twitter @hatatomonori
Facebook 秦智紀
公式ブログ「はたとものりのブログ
秦智紀(はたとものりのほかの記事を読む
 

どうなる?!都の医療安全~管理監督指導体制の実態の巻~

 昨日の独自追跡取材によるテレビニュース
3

「都内で「資格ない」医師が中絶手術」
「人工妊娠中絶手術後に女性死亡 「無資格」の執刀医を直撃」

吉祥寺にある産婦人科病院において「母体保護法指定医」の資格を持たない医師が手術をし、まだ原因は特定できていませんがわずか一週間後に若い健康だった23歳の女性が自宅で死亡。夫が発見したという、なんとも胸の痛む事案です。さらに皆様においては命を預かるため母体保護法で定められた指定医のあまりに杜撰な管理状況に驚かれた皆様も多いかと存じます。
 本日は新聞各紙も取り上げています。
毎日新聞
「無資格中絶手術産婦人科病院立ち入り検査 東京・武蔵野」
「指定外医師が手術、6日後に女性死亡 都立ち入り」

 最近では、同じように杜撰な管理をしていた「精神保健指定医」において厚生労働省が大量処分を行いました。その内の都内5名の医師はすべて都立病院の医師でありました。また今年の2月には、都立病院医師が精神保健指定を失効しながらも治療をし、懲戒処分を受けております。(「都職またも失態。都立病院医師、精神保健指定医資格更新失念」ご参照)この件は私も長くフューチャーしております。「相次ぐ精神保健指定医問題の背景」をご参照ください。厚生労働省の処分を受けての都の対応については11月22日の厚生員会で質しておりますので改めて報告しますが、ともかく、こうしたあってはならない、指定医の管理や、医療過誤を防ぐために管理監督指導をするのは東京都医療安全課の責務であります。

 別件では昨年7月、生活保護受給者である精神疾患患者を特定の医療法人が、江戸川区(!!)、大田区、港区の計3区の福祉事務所で相談員の派遣をし、自らのクリニックへ囲い込んでいた事案「囲いこみ&低賃金労働…貧困ビジネス医療版?!都の責任大」ご参照)について、塩崎厚生労働大臣は「東京都へ適正な指導を求める」異例の記者会見を即日行っておりました。

 厚生労働大臣から具体的な医療法人がかかわっていることに「東京都によって適切な取扱いが行われるように努めてまいりたい」という言葉が出ているのでありますから、当然立ち入り調査を私はしているものと、もししていなかったら医療安全課の怠慢と言えまいか?と11月1日の厚生委員会事務事業質疑にて資料要求をしておりました。

4

残念なことに、大臣から指摘があっても当該医療法人に立ち入り検査という正義の公権力の「メス」は入れられていなかったことがわかりました。そもそも五千を超える医療法人があるというのに、立ち入り検査や改善命令、業務停止、役員解任勧告実績の少なさに、隠ぺい体質が読み取れるような気がして驚嘆せざるを得ません。

 今回の武蔵野市の医療法人へも、東京都より実質的な定期的に指導・監督がいきわたっていれば、尊い若い女性の命を失うこともなかったのではないでしょうか?

 東京都は都立墨東病院の妊婦死亡事件にて大きな反省と改善を図ったところではありますが、また歳月を経て医療管理指導体制に変化が出てきているように感じます。

 命あっての「都民ファースト」。
 まずもって都民の命を守るのが都政と都議会!!


 当選以来、数々の圧力を跳ね返し東京都の医療政策という白いブラックボックスに「メス」を入れてきたお姐。
 若い夫妻の将来を奪ったことに静かな憤りを感じております。シリーズで、これまで調べ上げたことや質疑をわかりやすく皆様にお届けしてまいります。

【お姐総括】
今回もこれまでも被害者の方々からご相談を受けておりました。聞くに堪えぬ話を耳にしながら都議会議員としてできうることをしてきましたし、今後もしてまいります。

 改めて、入籍僅か8日で亡くなられた享年23歳…当該女性のご冥福をお祈り申し上げます。
 そして、勇気をもって白い巨塔に立ち向かわれたご主人をサポートしてまいります。

☆お姐、政治家が真っ先に守るのは命!ひるまず進め!☆


上田令子 プロフィール
東京都議会議員(江戸川区選出)
白百合女子大学を卒業後、ナショナルライフ保険(現ING生命)入社後、以降数社を経て、起業も。2007年統一地方選挙にて江戸川区議会議員初当選(44名中6位)。2期目江戸川区議会史上最高記録、2011年統一地方選挙東京都の候補全員の中で最多得票の1万2千票のトップ当選。2013年東京都議会議員選挙初当選。

twitter @uedareiko
Facebook 上田令子
公式ブログ「上田令子のお姐が行く!
上田令子 のほかの記事を読む 

改正ストーカー規制法 可決成立

皆様お世話になっております。秦智紀(はたとものり)です。

本日、タイトルにもありますようにストーカー対策を強化するため、ブログやツイッターなどで執ようにメッセージを送ることも規制の対象に加えた改正ストーカー規制法が、衆議院本会議で全会一致で可決され成立しました。改正ストーカー規制法が可決されたことは、ひとまず良かったと思いますし、可決されることは当然のことだと思います。
改正ストーカー規制法 可決成立

しかし、Windows 95の登場で一般の人にインターネットが急速に広まったことを考えれば、もう少し早く改正されても良かったのではないかと思います。今までサイバーストーカーに苦しんできた女性たちを考えると、むしろ改正は遅すぎたようにも思います。

改正された経緯として、今年5月に東京都小金井市のライブハウス前で芸能活動をしていた女子大学生が刺されるという事件がありましたが、そのような大きな事故や事件が起きないと政治や行政は動けないのかと落胆します。法改正されましたので各自治体での所轄警察の法運用が試されることになりますので、被害者の声をなきものとせずにこれからはシッカリと対応して欲しいですね。


秦智紀(はたとものり) プロフィール

サラリーマン/ファイナンスMBA取得
早稲田大学大学院ファイナンス研究科在学中、当時無所属の江戸川区議会議員だった上田令子さんと出逢い、様々な社会勉強を経験する機会を与えていただきながら共に地域活動などをしておりました。現在、株式会社Mマートという業務用食材卸売市場をインターネット上で運営する企業に勤めながら、上田令子東京都議会議員のもとで、江戸川区、東京、日本の世直しを引き続きお手伝いしております!営業成績優秀者に贈られる「社長賞」を6回受賞。

Twitter @hatatomonori
Facebook 秦智紀
公式ブログ「はたとものりのブログ
秦智紀(はたとものりのほかの記事を読む 

映画『ユー・ガット・メール』を観ました



皆様お世話になっております。秦智紀(はたとものり)です。 
 
【概要】
ニューヨークの片隅で、母親の代から続く老舗の小さな絵本専門店「街角の小さな本屋さん」を経営しているキャスリーン(メグ・ライアン)。彼女には同棲している恋人がいるがインターネットで知り合ったハンドルネーム「NY152」の彼とのメールのやり取りに夢中。
そんな時、キャスリーンの店のすぐ側に、カフェを併設した値引き商法の大型書店「フォックス・ブックス」が開店。どんどん客は奪われ売上は落ち続ける。このままではキャスリーンの店は潰されてしまう。実はこのフォックス・ブックスの御曹司ジョー(トム・ハンクス)こそが「NY152」の彼だった。キャスリーンとジョーは実生活では商売敵として顔を合わせれば喧嘩ばかり。だけど家に帰れば「Shopgirl」と「NY152」として、その日にあった事をメールで報告したり、お互いを励まし合う間柄に。メールを通じて、ふたりはますます惹かれ合っていく。お互い相手の正体に気付かぬまま…。

といつもながらの概要はコピペです(笑)
この映画は、僕が高校生の時にDVDレンタルをして観た映画なのですが、あまりにもメグ・ライアンが可愛すぎてハマってDVDを購入し、何度も観てしまう代物です。ちなみに、この映画は1940年に製作されたエルンスト・ルビッチ監督の『桃色の店』のリメイク作品。時代を反映して元映画の「手紙で文通」の設定が「インターネットでメール」に置き換えられたもので、公開されたのも1998年とインターネットやEメールが一般的になり始めたばかりの映画なのですが、パソコンを使い始めた頃の新鮮さとメグ・ライアンのキュートさにやられてハマってしまったということです。

それとは別に面白いところは、キャスリーンが経営する小さな絵本専門店と御曹司ジョーが経営するカフェを併設した値引き商法の大型書店との顧客争奪戦の様相を見せていますが、ここが面白いのです。日本とアメリカとの違いで再販売価格維持制度というものがあります。これは、流通段階での自由で公正な競争を阻害し、需要と供給の原則に基づく正常な価格形成を妨げて消費者利益を損なうため、資本主義経済を取る国の多くでは、独占禁止法上原則違法とされている。ただし例外的に一部商品については一定の要件の元に再販行為を容認している場合があり、それを再販制度といいます。日本では再販制度があり、アメリカでは再販制度はありません。日本で値引き商法をする本屋がなく、Amazonの中古本が人気だったり、ブックオフが人気だったりするのは再販制度へのアンチテーゼではないでしょうか。この映画はロマンティック・コメディというジャンルの映画ですが、日米の書籍などの流通の制度的な違いがわかる映画でもあります。


秦智紀(はたとものり) プロフィール

サラリーマン/ファイナンスMBA取得
早稲田大学大学院ファイナンス研究科在学中、当時無所属の江戸川区議会議員だった上田令子さんと出逢い、様々な社会勉強を経験する機会を与えていただきながら共に地域活動などをしておりました。現在、株式会社Mマートという業務用食材卸売市場をインターネット上で運営する企業に勤めながら、上田令子東京都議会議員のもとで、江戸川区、東京、日本の世直しを引き続きお手伝いしております!営業成績優秀者に贈られる「社長賞」を6回受賞。

Twitter @hatatomonori
Facebook 秦智紀
公式ブログ「はたとものりのブログ
秦智紀(はたとものりのほかの記事を読む 
無所属無党派の改革政策集団・地域政党「自由を守る会(代表:上田令子東京都議会議員)」の公式アカウントです。 私たちはあなたの自由を守る地域政党です。自由・自主・自律の精神のもと、無所属無党派の改革政策集団として、地域に根差した政治の足場を組み直し、地域のことは地域が決める政治を目指します!