マネー・ショート 華麗なる大逆転 [DVD]
クリスチャン・ベール
パラマウント
2017-02-08


皆様お世話になっております。秦智紀(はたとものり)です。 

【概要】
 リーマンショック以前に経済破綻の可能性に気付いた金融マンたちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットといった豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンのリスクを察知した個性的な金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうと図るさまを映し出す。クリスチャンとブラッドに加え、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリングも出演。『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』などのアダム・マッケイがメガホンを取る。痛快なストーリーと、ハリウッドを代表する4人の男優の競演が見どころ。
 2005年のアメリカ。金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、サブプライムローンの危機を指摘するもウォール街では一笑を買ってしまい、「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」という金融取引で出し抜いてやろうと考える。同じころ、銀行家ジャレド(ライアン・ゴズリング)がマイケルの戦略を知り、ヘッジファンドマネージャーのマーク(スティーヴ・カレル)、伝説の銀行家ベン(ブラッド・ピット)らを巻き込み……。
 (シネマトゥデイ引用)

という感じの映画です。
少し前にレンタルをして観ていたのですが、 ブログには今日書き込みです。2008年9月に起きたリーマンショックは私が大学2年の時でした。ちょうど経済の基礎的な勉強もそこそに終えていた頃にあまりにも衝撃的な経済的ショックが起きて当時はサブプライムローン問題、リーマンショックなどについて調べていたことを覚えています。バブル発生とその崩壊による経済の信用収縮が、どのような影響を及ぼすのか。経済大国アメリカで起こった問題でしたので、この映画は映画館では観れなかったのですがDVDでは必ずや!という想いでした。

映画としては面白い内容でした。そして実際の問題としてもリーマンショックは教訓でもあります。日本の平成バブル崩壊も不動産バブル崩壊によるものです。不動産価格が下落するなんて当時の日本人の感覚からは考えられなかったのではないかと思います。 日本の国債市場は安全だ!まったく問題ない!という主張を多く聞きますが、リーマンショック前夜もそのように言われていたようです。


秦智紀(はたとものり) プロフィール

サラリーマン/ファイナンスMBA取得
早稲田大学大学院ファイナンス研究科在学中、当時無所属の江戸川区議会議員だった上田令子さんと出逢い、様々な社会勉強を経験する機会を与えていただきながら共に地域活動などをしておりました。現在、株式会社Mマートという業務用食材卸売市場をインターネット上で運営する企業に勤めながら、上田令子東京都議会議員のもとで、江戸川区、東京、日本の世直しを引き続きお手伝いしております!営業成績優秀者に贈られる「社長賞」を6回受賞。

Twitter @hatatomonori
Facebook 秦智紀
公式ブログ「はたとものりのブログ
秦智紀(はたとものりのほかの記事を読む