血と骨 通常版 [DVD]
ビートたけし
ポニーキャニオン
2005-04-06


皆様お世話になっております。秦智紀(はたとものり)です。 
 
【概要】
 おのれの肉体のみを信じ、動乱の時代を傍若無人に駆け抜けたひとりの朝鮮移民の壮絶な生き様とその家族の姿を力強く描いた人間ドラマ。「月はどっちに出ている」の著者・梁石日が自らの父親をモデルに著わした同名ベストセラー小説を映画化。監督は「クイール」の崔洋一。主演は、自身の監督作以外では久々の映画主演となるビートたけし。共演に「39 刑法第三十九条」の鈴木京香。
 1923年、大阪。ある日、済州島からの出稼ぎ労働者が住まう朝鮮人集落にやって来た少年・金俊平。彼も他の朝鮮移民と同じく日本で一旗揚げることを夢みて渡ってきたが、やがてその強靱な肉体と並外れた凶暴さでのし上がっていき、周囲に恐れられるようになる。その間、幼い娘を抱えながらけなげに生きていた李英姫と結婚し、2人の間に子どもも産まれ、開業した蒲鉾工場も繁盛する俊平。しかしながら俊平の粗暴な振る舞いは修まることはなく、家族でさえエスカレートする彼の暴挙にただ怯えるばかりだった…。
(allcinema引用)

という映画です。
これは、だいぶ前(10年くらい前?)に観た映画で面白いので自宅にDVDもあるので、たまに何度も観てしまうんですよねぇ。男が道楽の限りをつくすことを"飲む打つ買う"と言いますが、まさにビートたけし演じる金俊平は、酒・金・暴力・女という欲望の赴くままに分かりやすすぎるほどに行動するのです。

それとは違って印象的なシーンは、豚の屠殺解体シーンです。朝鮮部落の人達で解体後の臓物を詰めたりするシーンは割りと印象深かったです。


秦智紀(はたとものり) プロフィール

サラリーマン/ファイナンスMBA取得
早稲田大学大学院ファイナンス研究科在学中、当時無所属の江戸川区議会議員だった上田令子さんと出逢い、様々な社会勉強を経験する機会を与えていただきながら共に地域活動などをしておりました。現在、株式会社Mマートという業務用食材卸売市場をインターネット上で運営する企業に勤めながら、上田令子東京都議会議員のもとで、江戸川区、東京、日本の世直しを引き続きお手伝いしております!営業成績優秀者に贈られる「社長賞」を6回受賞。

Twitter @hatatomonori
Facebook 秦智紀
公式ブログ「はたとものりのブログ
秦智紀(はたとものりのほかの記事を読む